スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

うつ症状に関連の深い栄養素

今朝のNHKのあさイチでうつ症状に関連の深い栄養素の話題出ていましたね!

漢方相談をしていて、うつ症状で悩んでいらっしゃるかたの
食事が不規則だったり、量が少なかったり、偏りがあったりすることは
よく出会う事例です。

薬食同源、食事の健康における重要度は思ったより高いのです。
バランスのとれた食事が体の機能に与える恩恵は多大なもので、
バランスよく栄養が採れれば、漢方でいう「気」が充分生まれ、そして体の中を
滞りなくめぐり、健やかな精神活動をしていくのです。
「気」の働きが安定すれば、体内の「水」や「血」はめぐり、
体のあらゆる機能をスムースに動かしてくれます。

counseling.jpg



漢方相談でも、しっかりバランスよく食べていただけるように、
その方のライフスタイルを考えながら負担のないように提案しています。

よりしっかりした食事のケアは、管理栄養士による食カウンセリング
受けていただくといいですね。

今日のTVのお話紹介された
うつ病になると、不足しがちになると判明した栄養素です。

<ビタミン・ミネラル類>
・ビタミンB1、B2、B6、B12
・葉酸
・鉄
・亜鉛

<脂肪酸類>
・ドコサヘキサエン酸(DHA)
・エイコサペンタエン酸(EPA)

<アミノ酸類>
・トリプトファン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・チロシン

神経伝達物質の原料となるものや、その生合成を助ける働きを
持つ栄養素たちです。

中でも、注目されていた栄養素のひとつが葉酸。
葉酸は、赤ちゃんがほしい女性が良くとっているビタミンの一種ですが、
健やかな精神活動にも必要なのですね。

葉酸は、緑黄色野菜、豆、小麦胚芽、酵母、卵黄、オレンジジュースに
比較的多く含まれています。
あと、お勧めなのがなつめのドライフルーツ!葉酸と鉄分が豊富な健康食です。
なつめは生薬「大棗(たいそう)」として多くの漢方薬の原料となっていますよ。
なつめの働きはこちらをどうぞ!


img_flow2.jpg



スポンサーサイト

11:29 | からだによい食材 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
風邪にも漢方 | top | ニコチャンマークの花火

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://herbbox.blog113.fc2.com/tb.php/235-9b71067e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。