スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

逃亡者おりんと薬草のお話!?

うたた寝をして起きて深夜番組をみたら
時代劇?ちょっと二流っぽいですが
「逃亡者おりん」なんていうドラマをついつい
見てしまいました。結構な確率でその時間目覚めて
偶然見ています。。夜中です(汗)

悪役の一味は剣草(つるぎくさ)という集団
その集団の悪役ひとりひとりがおりんと戦っていく仕立てです。
面白かったのは、その悪役に毎回薬草の名前が使われていること。

次回は忍冬(にんどう)とスイカズラの二人組が相手のようです。
忍冬とスイカズラは同じ植物をいいます。
スイカズラが植物名、忍冬はその茎と葉の生薬名です。
蕾の部分は、金銀花(きんぎんか)という別の生薬名がありますので、
どうせ名づけるなら、忍冬と金銀花にすればよいのにな~なんて
マニアックなことを考えてしまいました(笑)

忍冬の名の由来は、常緑性で冬を通して葉を落とさないからで、
金銀花の名の由来は、開花して1日目は白(銀)の花、
2日目には黄色(金)の花に色が変化することに由来します。
植物名のスイカズラの名は「吸い葛」の意で、
古くは花を口にくわえて甘い蜜を吸うことが行なわれたことに因みます。

スイカズラは、各地で多くみられます。
私は数年前、緑区の雑木林の中でも見つけましたので、
結構生えていると思いますよ。

金銀花は解熱作用や抗菌作用があって、
天津感冒片(てんしんかんぼうへん)や銀翹散などの
風邪薬などに配合されています。

ぞくぞく風邪には葛根湯ですが、
金銀花の配合されている場合は、
のどのはれや痛み、頭痛や発熱などの症状からはじまる風邪によく効きます。

風邪をひいたとき、初めの症状によって使う漢方は異なってきます。
はじめにしっかり漢方で治しておくと、症状が長引くことも少ないですよ。
是非ご相談くださいませ。
風邪薬は何日分からでもお作りしています。


スポンサーサイト

04:45 | 日々のつぶやき | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
シャガでした | top | お雛祭り

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://herbbox.blog113.fc2.com/tb.php/221-c75d80ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。