スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。。

よく聴くこのフレーズは、江戸時代の天明年間のことわざ辞典
『譬喩尽=たとえづくし』に記載されているそうです。
そしてその解釈もさまざま。

私は女性の美しさの形容を現しているのだと思っていましたがそれも一説。
芍薬は真っ直ぐの茎に花を咲かせるので美人の立ち姿、
牡丹は横向きの枝から花を咲かせるので座った美人、
百合は風を受けて揺れる姿が美人の歩く様子 といったこと。。

もう一説には、
立った状態で上から芍薬を、座りながら横から牡丹を、
歩きながら百合の花を観賞するのが、
最も美しく見える花の姿を表しているというものもあります。

そして、3番目は漢方的解釈!先日武田薬品の薬用植物園に
研修に出かけた際にはじめて伺いました。
これは漢方薬剤師として知っていないといけなかったな~(笑)

じっとしているのが苦手で活動的に立っている女性は、
鎮静作用のある芍薬を服用すればよい。

座ってばかりいて血流の低下した女性は、
活血作用のある牡丹を服用すればよい。

歩く姿がふらふらし、精神不安、不眠等を持つ女性は、
精神安神作用のある百合を服用すればよい。

という説もあるそうです。面白いですね~

漢方相談薬局では、お客様のお体の状態をじっくり伺い、
おからだに合った漢方薬をお出ししています。
PMSや月経困難症などの女性の悩み、
ホットフラッシュや動悸、イライラなどの更年期の悩み、
ニキビ、アレルギー、アトピー、便秘、
挙児希望、生活習慣病に伴う不調など
さまざまなお悩みを持った方にお越しいただいています。

お薬は、煎じ薬、細粒や顆粒状の漢方薬、一部、丸剤や錠剤、
シロップ剤、チュアブル剤などがございます。
1日分420円で何日分からでもお作りできます。
相談料は無料です。

お問い合わせ・ご予約は直接、自然の薬箱1Fにお申し出いただくか、
052-734-3004にお電話または
お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせフォームからご連絡いただいた場合
通信エラーが発生する場合もございますので、
2日以内に返信がない場合は再度ご連絡いただけますと
幸いです。



スポンサーサイト

01:56 | 漢方のお話 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
父の日ワンドリンクサービスとしゃちナビさん | top | 今週のランチメニュー6/12~6/18♪とお知らせ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://herbbox.blog113.fc2.com/tb.php/139-779b41ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。